衛生マットレスは全日本ベッド工業会で定めた「マットレスの環境基準」〔“ホルマリン溶出量”や“抗菌防臭加工”や厳選された材料(フェルト類は未利用繊維使用、「ウレタンフォームの発泡剤」にはオゾン層破壊の物質を含まない)などの厳しい基準〕をクリアしたマットレスにのみ付けられている安心のマークです。

 

マットレス選びはこのマークから

eisei誰もが、毎日使うマットレス。しかし、外からはマットレスの中が見えません。寝心地と共にマットレスの中身にもこだわってほしい…。 ホルムアルデヒド溶出量の基準を満たし、抗菌・防臭加工を施した材料の使用等、「グリーン購入法」の基準に基いた材料を使用した衛生と環境に配慮した『衛生マットレス』。 全日本ベッド工業会が自信をもっておすすめします。

 

衛生マットレスは環境省の環境ラベル等データペース
(環境物品を選ぶ際に参考となる情報源一覧)に登録されています。
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/a04_20.html

 

mat 3daimat 3dai2mat 3dai2

 

『ホルムアルデヒド溶出量』基準

厚生労働省の「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」(厚生省令第34号)において、75μg/g以内と定めたホルムアルデヒドに関する繊維製品の大人用下着基準に準じています。

溶出量の規制効果

「ホルムアルデヒド」は放散性がありますので、外部より高濃度物質(接着剤・コーキング剤を使用したもの)の影響を受けない限り、マットレスにおいては増加することはありません。

『抗菌防臭加工』基準

細菌の増殖を抑制した効果を表現する数値である静菌活性値が2.2以上とし、これは繊維製品新機能評価協議会の抗菌防臭基準に準じています。

抗菌・防臭効果

『抗菌防臭加工』は、細菌の増殖を抑制して防臭するもので、マットレスの素材の臭いを消臭することはできません。

 

 

Copyright © 2014 全日本ベッド工業会 公式サイト All Rights Reserved.